FC2ブログ

住宅の火災保険期間 最長36年を10年までに短縮!?

本日(9/14)の MSN 産経ニュースにこんな記事が掲載されておりました。

 『 火災保険、10年超引き受け停止へ 損保大手来秋にも 自然災害増加で収支悪化 』

という記事です。

記事はこちら↓
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140914/fnc14091408430001-n1.htm


記事によれば、

異常気象による建物被害が増加傾向にあり、長期契約での収支予測が難しくなったため、

現在、最長36年の保険契約は、制度変更後には最長10年となる見通しとのこと。

要は、損保会社の収支が合わなくなってきたので、制度変更をしますということです。
(同じ理屈で、自動車保険はここ数年毎年値上げされております)


すでに最大手の損害保険ジャパン日本興亜や三井住友海上火災保険などの主要社が、

10年を超える新規契約「来年度にはやめる」(大手首脳)方向最終調整して

いるようです。

制度変更の時期は来年10月が有力で、業界各社にも広がる見通しです。


過去にも同じような話が浮上していましたが、損保会社の担当者の話では金融業界の反発で

中止されたとのことでした。今回は、それが現実となりそうです。

住宅購入者の多くは、住宅ローンを25~35年などで組んでおりますので、

計2 ~ 3回は更新することになるでしょう。

累計保険料は、経験的な感覚で申し訳ありませんが、値上げ等が無いとして、

35年一時払いのときよりも、少なくても 2割以上の負担増

なるのではないでしょうか。
(* 地域、構造、割引条件、補償内容などにより異なります)


これから新規で住宅の火災保険を検討される方はもちろんのこと、

現在火災保険に加入中の方でも、乗り換えメリットが出る場合検討する価値はある

思われます。

こういった情報も頭に入れて判断するようにしてください!!



関連記事
スポンサーサイト
TAG :
住宅火災保険
制度変更
最長期間
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ