FC2ブログ

老齢基礎年金の受給開始年齢は何歳がお得!?

昨日(2014.6.3)、厚労省より年金の平成26年財政検証結果が公表されました。

年金の財政検証は、公的年金財政の健康診断のことで、

将来にわたる年金財政の維持可能性をチェックする作業のことです。

これは、5年に一回のペースで行われており、今年がその対象年です。

詳細については、こちら↓
厚労省HP
(国民年金及び厚生年金に係る 財政の現況及び見通し ー 平成26年財政検証結果 ー)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/zaisei-kensyo/dl/h26_kensyo.pdf

公表結果からの感想としては、

「あいかわらず、見通しが甘すぎる」というのが率直な感想です。


前置きが長くなりましたが、今回は年金に絡んで、

たまにご質問をお受けする受給開始年齢について」のお話をしたいと思います。

ライフプランニングをさせていただいてますと、

「何歳から年金を受け取るのが得なんですか?」との

質問を受けたりしますが、

「あなたの寿命次第で変わる」というのがその答えです。

下図をご覧ください↓

累計受給額
(クリックで拡大)

これは、平成26年度の老齢基礎年金額の満額である、年772,800円を固定して、

受給開始年齢別(60歳・65歳・70歳)に累計年金受給額をグラフにしたものです。

繰り上げ受給については月0.5%づつ減額、繰り下げ受給については月0.7%づつ増額

しますので、60歳からですと、0.5%×60ヶ月で30%減額、

70歳からですと、0.7%×60ヶ月で42%増額となります。

60歳開始と65歳開始を比較すると、76歳で逆転

65歳と70歳を比較すると、81歳で逆転することになります。

これからすると、60歳時点の平均余命(平均寿命とは違いますよ)からすれば、

男女共、70歳から受け取るのがお得?ということになります。
(現況、65歳からが60%弱、70歳からが1.3%程度)


ですが、御自身の寿命というものは、統計で計れるものではありません。
(統計にはいろんなまやかしがありますし・・・。)

また、私自身は”健康寿命”というものも考慮したほうがいいのではないかとも

思っております。

最終的には、「年金」というものをどうとらえるかによって判断が変わってくると

いうことでしょう。

「当面の生活費」という位置づけになる方、「セカンドライフの充実費」となる方、

「思わぬ長寿となってしまった時の最低限のリスク資産」として考える方など、

人によってとらえ方はさまざまでしょう。

損得だけでは、判断し切れないものということです。


最後に、「年金なんて」と見限っている方にお話させていただくと、

約10年程度で元がとれて、さらに、障害時や遺族の保障まで

ついている金融商品なんて、他にはありません。


こんな割りのいいものにお金を投入しないなんて、損ですよ!!

 (追記:マネーの達人 寄稿記事もぜひ、下記からご覧ください!!)
  http://manetatsu.com/2014/05/31796/



関連記事
スポンサーサイト



TAG :
受給開始年齢
年金財政
年金制度

年金財政危機!? 甘すぎる前提数値を検証!

来月10月から、現在受給されてみえる高齢者の年金額が引き下げられます。

年金は本来、物価が上昇すれば給付額が増え物価が下落すれば減るものですが、

実はこれまで特例として2.5%高い水準の年金が給付されてきました。

この特例水準の解消を今後3回の引き下げでおこなっていくのです。


誤解のないようにお話しますが、

あくまでも本来の水準に戻すだけのことです。


払い過ぎた年金の総額は累計で、なんと約7兆円とされております。

払い過ぎた分は、確実に将来世代の負担となって跳ね返ります。

ただでさえ、若い世代に年金不信が強まっているのに・・・。


年金財政は、いったいどうなってしまうのでしょうか?

2009年度の財政検証の前提数値も今となっては、悪意さえ感じます。

検証してみると、つぎのようになっています。


前提/実績


上記をみると、前提の甘さがよくわかりますよね。

「100年安心」とは、どういう意味で使っているのか疑いたくなります。


私見としては、” 制度が破綻する ” 心配は、あまりしておりませんが、

年金が老後生活の糧となるには、役不足なのは確実です。

特に、1970年代後半以降に生まれた方々には、顕著でしょう。


小手先の改革はおこなっているものの、年金財政を本気で根本から改革するという意思が

政治家や官僚などから一切、感じ取れません。


これでは、年金不信に拍車がかかっても仕方がないことです。

”自分の身は、自分で守る”という自覚を早めに持って実行に移してください!!
(年金保険料を払わなくていいということではありませんので、誤解のないように)

現時点で既に、そのほうが賢明だと思われます。




関連記事
TAG :
年金財政
年金不信
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ