FC2ブログ

変動金利は、日銀の金融政策にほぼコントロールされています!!

住宅ローン関連の記事などをみていますと、つぎのように思うことが多々あります。

 ① 変動(短期)金利と固定(長期)金利を混同しているのではないか。

 ② 変動金利について、過剰に金利上昇を警戒していないか。


です。

①についてお話しますと、変動(短期)金利と固定(長期)金利の金利の決まり方は

まったく違います。


変動金利の多くは、短期プライムレートを基準としており、この短期プライムレートは、

日銀の金融政策で決定される政策金利(無担保コール翌日物レート)に影響を受けます

ですので、ほぼ日銀の金融政策でコントロールされているというわけです。


一方、固定(長期)金利は10年物国債の利回りが基準となります。

現在のような大規模な金融緩和がおこなわれ、日銀が市場から国債を大量に買い取っていれば

ある程度はコントロールされますが、基本は市場原理です。

ですので、完全にはコントロールできません。

この違いを、混同されてみえるということです。


②については、確かに将来、何が起きるかわからないということはありますが、

しかし、過剰に金利上昇を警戒する必要はないのではないでしょうか?

過去の短期プライムレートの推移は、下図のようになっております。

tankikinrisuii
(クリックで拡大)

ご覧いただきますとわかるとおり、96年以降は1~2%の間で推移しており、

また、一度の金利変化で1%以上動いたことは、約20年間一度もないのです。

さらに、先行して動くとされます長期金利についても0.3~0.4%台で推移しており、

金利の期間フラット化が起きている現状と、先日の日銀による金融政策決定会合での

現状維持発表も考えると当面大幅な金利上昇は起きないでしょう。

確かに、96年以前にはそういったこともありましたが、あのような状況が今後再来するとは

正直現段階では考えにくいと思われます。

ですので、過剰に金利上昇を警戒する必要はないのではないでしょうか。


安易に、金利が1%とか2%上がるという発言を目にしますが、

実際には、変動金利においては固定金利よりもそういった現象が起こりにくいことは

はっきりしています。

それよりも、現段階では元本返済のスピードアップのほうが重視されるべきでは

ないでしょうか。(借換え等を希望される方が、このことを口々に言われます)
(もちろん、あくまでもライフプラン上、変動金利で組んで問題がないというのが前提)

<追伸> 経済合理性よりも金利変化に振り回されたくないという精神衛生面等を
     重視される方は長期固定金利を選択してください。


要は、金利タイプ選択においては絶対的な正解はなく、個々の価値観に左右される

いうことです。

比較衡量に値するさまざまな情報を集め、検討して決断。あとは覚悟するしかありません。

間違えても取り返しがつかなくなることはほぼありませんので、あまりナーバスに

ならないようにしてください。


関連記事
スポンサーサイト
TAG :
変動金利
短期金利
政策金利
短期プライムレート
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ