FC2ブログ

相続は、実家一軒とわずかな預貯金のみというケースは要注意!!

平成25年度税制改正関連法が国会を通過し、成立となりました。

平成27年(2015年)以降は、

基礎控除法定相続人1人あたりの控除現行の6割になります。


相続税が課税される方が増えることになりますし、また、相続と関係のない方でも

注意する点等があるため、相続・遺産分割等をスムーズに進めるには、

早めの情報収集と対策を手掛けていきたいものです。

今回は、要注意のケースをお話したいと思います。


それは、「相続は、実家一軒とわずかな預貯金のみ」というケースです。

なぜなら、

  不動産の評価の高い地域であれば、今回の相続税改正により、
   相続税が課税される可能性が出てきたこと

  相続税が課税されなくても、分割しづらい不動産が主体であるため、
   遺産分割で揉める可能性が高いこと

があげられます。

は説明するまでもなく、

これまで納税の心配をしなくても良かったものが、心配が出てきたわけですから、

納税資金準備等の対策を検討しなくてはいけなくなります。

につきましては、相続人間での調整と準備を事前にしておかないと、

”争族 ”と発展しかねません

また、安易に共有名義としておき、ほったらかしておきますと、

不動産管理上の問題に遭遇したり、後々複雑な手続きが必要となってしまうなどの

問題に発展しかねません。


このように、相続に関するトラブルは、多額の資産を持つ家庭よりもむしろ、

上記のようなケースに多くみられるものなのです。



トラブルとならないためには、それぞれの状況や内容によって、

特例の恩恵を受けられるようにしておいたり、換価分割、代償分割などの対策を講じるなど

が必要でしょう。

具体的な方法は、専門家に相談されるのが一番ですが、何より早めにされることを

お勧めいたします。

内容が把握できていなかったり、家族での話し合いが曖昧では相談にいくことも

できないでしょうから、まずはそこから始めてください!!





関連記事
スポンサーサイト
TAG :
相続問題
相続対策
相続準備
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ