FC2ブログ

節税のための「法人成り」の相談が増えている!?

法人税の実効税率を下げようという議論が大詰めを迎えております。

 * 法人税の実効税率とは、
   法人の実質的な税負担率のことをいい、
   日本の法人税の場合、事業税の損金算入の影響を考慮した上で
   法人(所得)税、法人住民税および法人事業税の所得に対する税率を合計したものと
   なります。


実効税率の計算式は次のようになります。
jikkouzeiritu

現在、日本の企業の実効税率「 35.64% 」などと言われておりますが、

これを何とか20%台にしようと議論されております。
( 実際には一概に言えるものではなく、中小企業などでは既に実効税率20%台と
 なっている場合もあります )


こうなると、出てくる話が法人成り 」 の是非の件です。

既に、税理士事務所に「アパートオーナー様が不動産管理会社を作るケース」や、

「芸能人がマネジメント会社をつくるケース」などの相談が多く入っているようです。


相談者の多くは、所得税と法人(所得)税の税率の差を利用した

節税メリットが目的です。

個人の所得税は累進課税で所得が増えるほど税率が高くなっていきます。

所得税の最高税率は現在1800万円超の部分に対して40%
(来年以降は4千万円超の部分45%になります)

これに対し法人(所得)税は、基本税率が一律25.5%。中小企業は15~19%

さらに優遇されていて、そのうえで今回の議論ですので、

相談が増えてもおかしくありません。


そのほかの法人成り」 によるメリット、デメリットは下記のようになります。
(個々によって、メリット・デメリットの判断が分かれるケースもあります)

  (メリット)

 ・ 社会的な信用力が増す
 ・ 融資が受けやすくなる
 ・ 売り上げの拡大が見込める
 ・ 節税の為の方策が増える
 ・ 赤字の繰越控除可能年数が変わる(個人最大3年⇒法人最大9年)
 ・ 人材確保がしやすくなる
 ・ 個人の責任範囲が限定される
 ・ 事業の継承をスムーズに行える

  (デメリット)

 ・ 会社設立費用の負担
 ・ 事務作業の負担増大(帳簿や確定申告など)
 ・ 社会保険料負担の増大
 ・ 法人住民税の均等割負担
 ・ 交際費の経費算入額が変わる

など。


このように節税メリット以外に、考慮しなければならない要素がいくつもありますし、

上記のメリット・デメリットも個々によって判断が変わるケースもありますので、

専門家に具体的に相談し、慎重に判断しなければなりません。


巷では、

 「 課税所得400万円超になれば」とか、「売上1000万円を超えたら」とか、

分岐点が言われているようですが、単純には判断できないことを御留意ください!!



関連記事
スポンサーサイト



TAG :
法人成り
節税
実効税率

『 節税 』 と 『 租税回避 』 の違いとは?

最近、イギリスのスターバックス、アメリカのアップルなどの

国際的節税租税回避)スキームが問題視されて話題になっております。

この2社に限らず、グローバル企業では、多かれ少なかれ、同様のスキームを行っている

のではないでしょうか。

日本でも、2011年2月に大きな話題となった「武富士贈与税訴訟」があります。


では、節税租税回避は、どう違うのでしょうか?

節税」とは、法律に定められた範囲内で税負担を減少させる行為です。

つまりは、合法的な行為です。

たまに、「節税」を何か後ろめたい事のようにおっしゃられる方がみえますが、

まったくのシロですから。


そして、「租税回避」ですが、こちらは、

法律が想定していない形式を利用して、通常は行われないような合理性のない

取引形態を用いて税負担を最小化させようとする行為で、

扱いとしては、グレーゾーンです。


要は、法律の ” 想定内 ””想定外 ” かの違いなのです。


では、法律の ”想定外 ”のことに関して、税務上の取扱いはどうなるのかといいますと、

基本的には、課税されません。

なぜなら、日本国憲法に謳ってあるのですが、「租税法律主義」というものがあるからです。

これは、” 法律の定めがなければ課税されることはない ”という大原則のことです。

現行の法律で違法と規定されていない取引は、この考え方のもとでは合法扱いなのです。


ですから、上記の「武富士贈与税訴訟」も「租税回避行為だった」と認定したものの、

現行の法律で規定されていない税負担の回避に対しては立法で対処すべきで、

安易な法の拡張解釈による課税は許されないと結論付けて、課税を取り消したのです。
(すぐに法の網はかかり、同じ方法はもう使えませんが)


すべての経済行為を法律で規定することは不可能ですから、

” 想定外 ”のことが生じることは仕方がなく、そう考えると、法律に完全なものはなく、

盲点は存在することになります。

租税回避」は、この点を突いてくるのです。


皆様は、あまり馴染みがないかもしれませんが、

生命保険業界ではこういったことは頻繁にあり、

過去来から税務当局といたちごっこの状態がずっと続いております。

このいたちごっこは、この先もずっと続いていくのでしょうが、私の見解としては、

ほどほどにしておくのならいいのではと今のところ考えます。

なぜなら、税務当局も理不尽なこと、間違ったことを言ってくることはありますので。

ある程度、知恵を絞って防御しなければいけないでしょう。

ただ、上記の件は国の税収に大きく関わりますし、不自然さが程度を超えているように

みえます。

程度問題や自然・不自然の判断はそれぞれなので、解決するには非常に難しい問題では

ないでしょうか。





関連記事
TAG :
租税回避
節税
違い

【節税】社会保険料控除を最大限利用しましょう!!

増税(復興特別所得税など)や円安の影響などで、ガソリン代や電気代が値上がり、

家計などに与えるダメージは、どんどん大きくなっております。

今後、消費税増税も予定されており、何も対策を打たなければ、

単純に可処分所得が減ってしまいます。それでいいのでしょうか?

確定申告期間の真っ只中ですが、今回は、節税のお話をしたいと思います。


突然ですが、皆様、

『社会保険料控除』最大限活用されてみえますでしょうか?

社会保険料控除とは、一般的には、

その年に支払った年金保険料や健康保険料などを給与収入などから控除してくれるもので、

この額が大きければ、それだけ課税所得が減りますので納める所得税が下がり、

可処分所得を増やすことができます。


今回のお話は、これを利用する訳です。

それは、①過去分の年金保険料支払い②生計を一にしている親族の社会保険料負担

おこない、社会保険料控除額を増やすのです。

まず、①について、

皆様、国民年金の追納・後納制度をご存知ですか?

特に、後納制度は、時効で納めることができなかった国民年金保険料について、

平成24年10月から平成27年9月まで3年間に限り、過去10年分まで

納めることができる制度です。

皆様の中に、御自身(生計を一にしている親族を含めて)の過去10年間で、

未納保険料はありませんか。

これを支払うことにより、社会保険料控除額が増えて節税になり、

さらに将来受け取る年金額が増えるのです。

つぎに②についてですが、「扶養」と「生計を一にしている」との範囲の違いに、

気づいていない方が、結構おみえになります。


 「扶養」になる条件は、

 1. 6親等内の血族(自分の親戚)か3親等内の姻族(配偶者の親戚)
 2. 生計を一にしている
 3. 年間の所得合計が38万円以下
 4. 青色申告や白色申告の事業専従者でない

以上、4つともすべてを満たさなければなりませんが、

 「生計を一にしている」とは、「扶養」の1条件でしかないのです。

ですので、例えば、所得の低い(38万円超)の「生計を一にしている親族」のために

社会保険料を支払い、支払った社会保険料額を「社会保険料控除」にして

申告又は、年末調整すればいいのです。


このように、「社会保険料控除」を最大限活用することにより、節税になります。

しかしながら、採用にあたっては、注意も必要ですので、

必ず、専門家などに相談して行うようにしてください!!




関連記事
TAG :
社会保険料控除活用
節税
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ