FC2ブログ

金融円滑化法終了と再生ファンド乱立!?

平成25年3月31日をもって、中小企業金融円滑化法が終了しました。

この法律は、中小企業の融資個人住宅ローンの返済に関して、

条件変更をしやすくし、企業や個人を支援するために設けられたものでした。

リーマンショックに伴い不安定化した景気と金融システムから企業と個人を守るもので、

適用している企業や個人債務者は30~40万件であって

その中でもかなり深刻な案件は5万~6万件といわれております。


その中小企業金融円滑化法の終了を前に、地域金融機関などが再生ファンド

設立する動きが広がっているとの報道がありました。

日本経済新聞が実施した「地域経済500調査」によると、

同法の終了に備える対応として金融機関の55%再生ファンド設立を挙げ、

半年前の前回調査の22%から大幅に拡大したとのこと。

 再生ファンドとは、
  過剰債務に陥った企業の立て直しを目的に、投資家から資金を集め、再生ビジネスに
  関与するファンド。
  事業の多角化に失敗したり、過剰な債務を抱え不良債権化している不振企業の中には、
  本業では収益が上がっている企業や、優れた技術を持ち将来性のある企業も少なくない。
  企業再生ファンドは、こうした再生可能な企業に資本を投下したり、経営者を外部から
  送り込むなどし、その再生を支援する。


この再生ファンド乱立の動きを聞いて、穿った見方かもしれませんが、

なんとなく、金融機関などの時間稼ぎのように思えました。


なぜなら、金融機関などにとっては、

金融庁が円滑化法が終了しても金融機関の姿勢が変わらないよう、

検査を通じて指導していく
として金融庁検査マニュアルにその旨が明記されている

ことや、景気が回復しておらず、不良債権処理を一気に行えるだけの経営体力が

備わっていない
現時点では、処理の仕様がない。

ですので、概ねこの2~3年位で、金融機関などは景気の回復を待ったり

貸倒引当金の積み増しを強化したり、この再生ファンドを設立したりして

不良債権処理の枠組みをしっかりさせようとしているように思えます。


金融機関が不良債権を一気に処理できるようになったときには、

金融円滑化法を適用した企業や債務者(特に上術の5~6万件)のうち、

再建の目処が立たない先は、真っ先に処分されることになるでしょう。


再生ファンド設立の目的が、前向きなものならいいのですが、

これだけ乱立すると、穿った見方をしてしまいます。

中小企業円滑化法は、いったい何だったのでしょうか?

あくまでも今回の話は個人的な意見ということでお願い致します!!



関連記事
スポンサーサイト



TAG :
再生ファンド
金融円滑化法終了

金融円滑化法終了と住宅ローン

2009年12月4日に施行された

「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律

中小企業金融円滑化法)」(平成23年3月31日までの時限立法)は、

その名のとおり不景気で資金繰りが苦しくなった中小企業の救済策として打ち出された法律。

これは、住宅ローンの借り手(利用者)についても対象でした。

金融機関に対し、ローンの借り手から申し込みがあった場合に、

できる限り返済条件の変更などの適切な措置をとるよう努めることを求める内容でした。

その中小企業金融円滑法は、数回の延長を経て、今年(H.25年)3月末にその期限を迎え、

終了します。


破綻目前の個人の住宅ローン件数は、おおよそ23万件

金額にして3兆円強といわれております。

そもそも、この法律には、下記の3つの問題があるにもかかわらず、

安易に返済猶予だけしてしまうことに大いに問題がありました

 ①住宅ローンの保証料の追加負担

 ②支払総額の増加

 ③最終完済年齢と団体信用生命保険との兼ね合い

つまりは、この金融円滑化法によって返済が猶予されても、

債務や金利の減免を伴わないため、単なる時間の先延ばしでしかないということ、

そして、債務者側も目先の利益にとらわれて、これらの問題に対する意識が低いことです。

当時の政府の当初の目論見として、返済猶予期間中に景気が上向けば企業活動も活発となり、

収益も上がるだろうし、そうなれば労働者の給与も上がると踏んでのことでしょうが、

結果として、効果的な景気回復政策もできず、専門性を欠いた浅はかな法律であったこと

だけが露呈してしまうことになりました。

時事通信のアンケート調査によれば、

円滑化法終了後の対応について金融機関は、「地元の中小企業再生協議会へのあっせん」や

「ファンドの設立」などを掲げるところが多いのですが、

これも体裁よく、責任を他に押し付けている感が否めません。

昨年の倒産件数などが、景気回復していないにもかかわらず、例年に比べ少なかったことを

考慮すると、この3月以降、いよいよ倒産ラッシュが始まる恐れが高まっているようにも

思えます。

その悪い影響が、景気の先行感や購買心理などを悪化させて、

日本経済にさらなる影を落とすことにならないことを祈ります。





関連記事
TAG :
中小企業金融円滑化法
金融円滑化法終了
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ