FC2ブログ

火災保険(地震保険)でリフォームは出来ません!!

全国で自然災害が多発していることなどを背景に、

火災保険・地震保険の保険金申請において、さまざまなトラブルが発生しております。


関連団体などからは、下記のように注意喚起がなされております。

 〇 一般社団法人日本損害保険協会
    住宅の修理に関するトラブルにご注意
    http://www.sonpo.or.jp/news/caution/syuri.html

 〇 独立行政法人国民生活センター
    「保険金を使って住宅を修理しませんか」がきっかけでトラブルに!
                 -高齢者からの相談が増加しています-
    http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20180906_1.html


そもそも、火災(地震)保険金でリフォームなど出来ません

あくまでも、原状回復するための修理しか出来ないのです。


飛び込み営業などで

「火災(地震)保険でリフォームが出来ますよ」なんて言ってくる業者は

そもそも信用するに値しません。即刻、追い返しましょう!!


この他にも、ここまで露骨でなくてもいいかげんなことを言ってくるリフォーム業者などは

数多く存在します。(ほとんどがまっとうな保険知識など持ち合わせていません)

やはり、ちゃんとしたご相談は保険のプロである保険会社や保険代理店に相談すべきです。


知らずに、これらの業者に加担することになってしまったとしても、

被害を被るのは被保険者であるあなたです。



昨今、詐欺の手口はますます巧妙になっており、気を付けていても

巻き込まれる方は相当数おみえになります。

まずは、御自身だけで判断するのではなく、信用出来る方に相談して

判断を仰ぐようにしてください!!


スポンサーサイト



TAG :
保険金申請
トラブル
詐欺

2019年10月~火災保険料が5~10%程度値上げされます!!

 損害保険大手4社は、2019年10月火災保険料を平均で

「5%から9%」値上げする方針です。

その他の損保会社も同様の動きとなるでしょう。

戦略的に時期や値上げ幅は微妙に異なるかもしれませんが、

方向性としては変わらないはずです。


 これは、昨年2018年6月に損害保険料率算出機構が住宅総合保険の

火災保険参考純率を平均で5.5%引き上げたことに端を発しております。

 〇 火災保険参考純率改定のご案内(損害保険料率算出機構内HP内)
https://www.giroj.or.jp/ratemaking/fire/pdf/201805_announcement.pdf#view=fitV


 つい先日も大手損保の決算発表で、先期に支払うことになった保険金は、

2018年に続発した豪雨や台風、地震などによる被害を反映して過去最高になり、

損保各社は数十年に一度に備えた「異常危険準備金」を取り崩して対応していることを報告。

今回の取り崩しは大手損保で1,000億円以上になるともいわれており、

今後の保険金支払い体制を再構築する必要性を語ってみえたところです。


年々高まる自然災害リスクに対して、値上げも致し方ないのかもしれませんが、

私達消費者は、少しでも保険料を抑える術を知る必要があるでしょう。

ポイントは下記になります。

 1.新規加入・更改時期の方は、なるべく長期契約一時金払いにすること

 2.無駄な補償を出来る限り省くこと

 3.複数社の見積もりで補償内容と保険料をしっかりと比較し判断すること

です。


注意点としましては、

今回平均で5~10%程度の値上げとは言われておりますが、

数は少ないですが、都道府県・建物構造によっては値下げされるところもあります。

ですので、御自身の都道府県・建物構造がどちらなのかをご確認ください。



TAG :
火災保険料
値上げ

自動車保険の「ドライブレコーダー特約」とは!?

あおり運転による追突事故事件以降、ドライブレコーダーに関心が集まっております。

今回は、自動車保険の特約である「ドライブレコーダー特約」について

お話したいと思います。


ドライブレコーダー特約」とは、

最新の高機能ドライブレコーダーが毎月定額でレンタルされ、

さらに事故対応と安全運転支援・安全運転診断なども含めたサービスが提供される特約です。
(ドライブレコーダーをつけることで保険料が割り引かれるわけではありません)


現在、サービスを提供しているのは国内大手損保4社のみです。
(東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上、あいおいニッセイ同和)

商品名は、

 〇 東京海上日動 ⇒ ドライブエージェントパーソナル
 〇 損保ジャパン日本興亜 ⇒ ドライビング!
 〇 三井住友海上 ⇒ GK 見守るクルマの保険
 〇 あいおいニッセイ同和 ⇒ タフ 見守るクルマの保険

利用月額は、東京海上日動のみ650円、その他は850円です。

ドライブレコーダーを自前で購入すると、約2~3万円が主流のようですので、

2~3年以上使うのであれば自前のほうが得ですが、

付帯するサービスをどうとらえるかで判断が分かれるでしょう。


付帯する主なサービスは、

事故対応時の事故センターへの自動通知や手動通知機能、

事故時記録映像の自動送信、通話機能と安否確認、各種緊急車両の手配など。

その他事故対応時以外の安全運転診断機能、安全運転支援機能です。


これらの付帯サービスに付加価値を見い出されるのであれば、

この特約を付ける価値があります。

私見ですが、高齢ドライバーの運転状況把握等には有効であると

思っております。(特に親が遠方などに離れている状況では)


注意点としましては、録画映像が必ずしも、自分に有利に働くとは限らないことです。
(主張相違の場合の事実確認には有効ですが)

場合によっては、不利に働くことも考慮しておきましょう!!



TAG :
ドライブレコーダー特約
ドラレコ特約
自動車保険

【自動車保険】来年(2019年)に改定される割増引内容!!

今回改定される予定なのは、任意の自動車保険の内容です。

2019年以降の新規契約や更改契約から反映されます。


今回は、割増引内容について少しお話します。

特に目立つのが、家族限定」を廃止して、代わりに本人限定」を設ける動きです。

運転者限定の割引率について下図をご覧ください↓

運転者限定割引率変化
(図は、NIKKEI STYLE記事より)

ご覧のとおり、家族限定は廃止、本人・配偶者限定の割引率は1%低下、

かわりに本人限定が新設され7~8%の割引率になります。

これまで、家族限定だった方は来年以降の更改については要注意です。

更改ハガキ等に記載の保険料は「限定なし」でくるものと予想されます。

気に留めておいてください!!


その他、新車割引・ゴールド免許割引・ECOカー割引・ワンサポ無事故割引等、

対象拡大・内容変更・新設とさまざま改定が予定されております。

皆様には、個別状況に合わせた保険商品選択が求められます。

全体傾向としては、保険料は据え置きの方向ですが、

個人間では状況次第で増減差が大きく左右されることでしょう。


一日単位で加入できる自動車保険をうまく利用すると、

本人限定にしたほうが得な使用状況も考えられます。


自分の使用状況にマッチした加入内容にして無駄な保険料を支払わないよう

来年の更改までに情報を集めておかれるといいでしょう。<(_ _)>


TAG :
自動車保険改定
家族限定
本人限定
運転者限定
割増引

自然災害に遭われる前に火災保険等の補償内容のご確認を!!

先日の台風21号により被害に遭われた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

弊代理店にも昨日までに十数件の保険金請求依頼やお問い合わせがあり、

やっと落ち着いたところです。

今回の件を受けまして、今一度火災保険等の補償内容のご確認をして頂けたらと思い、

記事を書かせて頂きました。


火災保険商品は、10年以上の長期契約が多いため、

補償内容についてすでに曖昧になってみえる方が非常に多く見受けられます。

又、火災保険商品自体、時代に合わせて変遷してきていますので

加入時期によって補償内容が異なり余計把握しづらくなっております。


特に、自然災害に対する補償内容についてさまざまありますので

今一度補償内容をご確認ください。


具体的には、風災・雹災・雪災に対する小損害免責水災補償

ついての条件などです。

まず、風災・雹災・雪災に対する小損害免責についてですが、

過去(保険会社にもよりますが概ね、平成21年12月以前)の商品には、

フランチャイズ方式といって20万円以上の損害が出ないと補償対象にならないもの

多くありました。


又、○○万円免責というように一部自己負担のエクセス方式のものもありますので

まずは、そういった条件が付いていないかご確認ください。


水災補償につきましても基本、床上浸水又は地盤面より45㎝以上の損害についてで

全額実費を補償するものと損害割合等にもとづいて保険金額の何%などいうように

定められているもの
があります。

共済などでは、そもそも上限額が設定されているものまであります。


こういった条件や内容により、補償される・されないや受け取れる保険金が

かなり違ってくることも多々あります。

災害に遭われてから気付き悔やまれてもどうしようもありません。

災害に遭われる前に補償内容を確認して、不安であれば見直しをお勧めします。

書類をみてもわからない場合は、加入された代理店や保険会社にお尋ねください。


最後に現在、損害保険会社は保険金請求の受付業務や保険金支払いに向けた

さまざまな業務でパニック状態となっております。

そのため、電話はなかなかつながらない状態です。

さらに、受け付けた請求の処理も通常に比べてかなり遅延しており

一週間以上先に書類が届くことも想定されます。

皆様、ご理解を宜しくお願い申し上げます。<(_ _)>



TAG :
火災保険
補償内容確認
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ