FC2ブログ

振り込め詐欺で騙し取られた金銭等は雑損控除の対象か?

皆様、雑損控除をご存知でしょうか?

雑損控除とは、災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等には、
一定の金額の所得控除を受けることができます。これを雑損控除といいます。

雑損控除として控除できる金額は、

次の二つのうちいずれか多い方の金額です。

(1) (差引損失額)-(総所得金額等)×10%

(2) (差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円

(注) 損失額が大きくてその年の所得金額から控除しきれない場合には、翌年以後(3年間が限度)に
   繰り越して、各年の所得金額から控除することができます。
   なお、雑損控除は他の所得控除に先だって控除することとなっています。

それでは、今回のテーマである振り込め詐欺で騙し取られた金銭等は、この雑損控除の対象に
なるでしょうか?

答えは、残念ですが、対象とはなりません

国税不服審判所の裁決によると、

災害、盗難及び横領はいずれも別個の概念と指摘。その上で、詐欺の犯人が指定した口座に金員を
振り込み、送金した行為自体は請求人の意思に基づいてなされており、災害による損失には当たら
ず、盗難による損失にも当たらないとした。

また、横領は他人の物の占有者が委託の任務に背き、その物に関する権限がないにもかかわらず
所有者でなければできない処分をすることであると解釈。その結果、振込みを終えた時点で、
金銭は詐欺の犯人側に移転したものと認められるから詐欺の犯人はそもそも請求人の物の占有者
でもないと指摘、横領による損失にも当たらないとした。
結局、振り込め詐欺による損失は「災害又は盗難若しくは横領による損失」に当たらないと判断した。

踏んだり蹴ったりの結論ですね。くれぐれも慎重に行動してください。

ちなみに、雑損控除とは別に、その年の所得金額の合計額が1000万円以下の人が災害にあった
場合は、災害減免法による所得税の軽減免除があり、納税者の選択によりどちらか有利な方法を
選べます。

ご自身にとって有利になるほうを賢く利用しましょう!!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ