FC2ブログ

保険商品で貯蓄することの是非を考える

生命保険協会の苦情内容をみていましたら、こんな内容をみつけました。

銀行窓販で販売した一時払い商品などで苦情が数多く出ているとの内容でした。

その内容は、早期解約した保険契約者からのもので解約返戻金が一時払い保険料を下回ることに
対して説明を受けていないとの内容でした。

満期を迎える国債などがここ数年にわたって数が多いため、その乗り換え商品として銀行が
貯蓄性の高い一時払い商品などの保険商品をすすめた結果で起きたものらしい。

保険契約者としては、相手が銀行であるので元本保証?があるものと思い込んだと思われる。
その元本割れリスクに対して説明があったか、なかったかは定かではないらしい。
しかしながら、金融商品販売法上問題です。

銀行の保険販売の未熟さが露呈した苦情内容であり、販売姿勢は正さないといけないと思います。

ここまで強く言うのは、私のお客様も何十人も苦情をお話されてみえたことによります。

前置きが長くなりましたが、今回は保険商品で貯蓄することの是非を考えたいと思います。


結論から申しますと、私は条件と状況次第で是にも非にもなると考えますが、
私に相談される方の多くにはとても有効であると思っています。

FPの中には、保険商品で貯蓄することを否定する意見をいう方が少なからずいます。

その方々の意見を聞いていますと、早期解約リスクや流動性の悪さ、シャープレシオの悪さを
いわれる方などがいますが、条件や状況について不明であったり、比較対象がわからないため
意見について判断がつかないものが多いように思われます。

ですので、私は次のような条件や状況の方に絞って保険で貯蓄することに有効であると考えます。

 ① 学費準備や老後準備、相続対策などの少なくとも15年以上の長期の資金準備のために
   活用すること。

 ② 早期解約リスクを十分認識いただいたうえで、長期継続できる保険料設定であること。
   当然、収入や財政状況、家族構成、ライフプランなどから判断する。

 ③ 貯蓄だけでなく、死亡保障についても必要性のある方であること。

 ④ 投資経験が未熟で元本保証の商品しか経験がない方やリスクのある資産運用について
   臆病な方などであること。

 ⑤ 継続して貯蓄することに不慣れな方。

③④⑤については、絶対条件ではありませんが、考慮していただきたい部分です。

最後に、保険商品だけで貯蓄することはお勧めしません。
あくまでもバランスですし、時にはリスクをとることも必要な時期があるとも思っているからです。

この超低金利時代に元本保証商品だけでまかなっていくことも物価上昇率との兼ね合いによっては
リスクになります。

また、所得控除や税額控除などの最大限の活用も金利以上のメリットが出る場合も数多くあります。


これからは、ますますファイナンシャルリテラシーが重要になってくると実感します。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ