FC2ブログ

火災保険の水濡れ損害とは?

ほとんどの火災保険では、火災や自然災害によるリスクにとどまらず、その他のリスクにも

さまざまな補償を受けることが出来るようになっています。

『水濡れ』リスクの補償は、住宅総合保険のほか、各社独自商品である新型火災保険

でも補償を受けることが可能です。

なお、住宅火災保険では補償されません


しかしながら、『水濡れ』であれば、何でもかんでも補償されるわけではありません

その原因が問題となります。

そもそも損害保険の損害対象の定義のなかに『偶然・突発・外来の事故』を補償

あります。

この意味は、もともとの欠陥や虫喰い(シロアリなど)や不注意などを原因とした場合は、

上記に該当せず、補償対象外(免責)となります。

『水濡れ』の場合は、、建物内外の給排水設備に生じた事故、または他の戸室で生じた事故に伴う

漏水・放水・溢水によるものを対象としています。

建物内外の給排水設備とは

水道管や配水管(流し台や浴槽等本体は含まれない)、雨どい、ガス給湯器、太陽熱温水器、

貯水・給水タンク、浄化槽、ボイラーなどです。

ですので、単なる水あふれ(浴槽や洗濯機など)の場合は補償の対象にはなりません


このように火災保険ですべての住宅の損害事故を補償出来るわけではないのです。


特に、中古住宅購入時にはお気をつけください。
新築住宅の場合と違い、中古住宅の場合は品確法や住宅瑕疵担保履行法では守られておりません。
 注)中古住宅の場合、売主が宅建業者の場合のみ、2年間の瑕疵担保責任を問えます。

住宅の欠陥を原因とした場合、火災保険での補償は対象外です。

前の所有者の使い方が悪かったり、増改築時の不良工事などで住宅に欠陥がある場合があります。
 注)前の所有者が売却時に気付いていて言わなかったときは除かれますが、その証明は難しい。

こういう物件を購入して火災保険に加入しても、その欠陥が原因では保険金はおりないのです。

最近では、こういったリスク回避のために以前リフォームのブログ記事でご紹介した

『住宅の瑕疵保険』などの保証制度があります。注)あくまでも任意の保証制度です!!
  
           詳細については下記ホームページ↓
    http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpocorner/index.html 

                 過去の記事はこちら↓
                 http://riplabo.blog.fc2.com/blog-entry-55.html


火災保険の場合、起きている現象だけでなく、その原因が大きな問題となります。

火災保険を御検討の際には、こういったことがあることに気を留めておいてください!!




関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ