FC2ブログ

今後の住宅ローン金利動向を考える!?

住宅を検討してみえる方は、随所で聞かれていることと思いますが、

2012年12月の住宅ローン金利は、過去最低水準に低下し、

住宅ローンを借りやすい環境になっています。

しかし、住宅ローンは返済期間が長期にわたるため、金利水準だけで選ぶのではなく、

将来起こりうる金利上昇や家計の収支悪化などのさまざまなリスクを勘案して

選択することが賢明です。


金利動向を確実に予測することは不可能ですが、

今回は、今後の金利動向を考えてみたいと思います。

まず金利動向については、短期長期を分けて考える必要があります。

短期金利につきましては、大方の専門家が話されているように、

日銀によるゼロ金利政策を、1%(1%⇒2%議論は来月持越し)程度の物価上昇率が

見込めるまでは続ける考えを明確にしていることや、

直近の展望レポートで、平成26年度(2014年度)までは少なくとも、

上記が0%台で推移しそうであることが報告されていますので、

現在の変動金利の水準は長期化(最低でも1~2年)するものと予想されます。

長期金利につきましては、10年物国債の利回りと連動しており、

11月の利回りが低かったため、12月金利が今年8月以来の最低金利を更新しました。

12月の利回りは、中旬に急激に上昇し、現在は反動に転じているものの月初0.7%程度

だったものが、0.767%迄上昇しております。

これは、円安株高の影響が金融緩和期待よりも大きかったためと思われます。

今後の動向につきましては、現段階では非常に予測しづらいですが、1~2カ月は横ばい、

もしくはわずかに低下、その後の動向は、

安部政権発足後の動向や来月の日銀の金融政策決定会合、日銀総裁人事などの影響に

よると思われます。

私自身現時点では、金利上昇リスクは、以前よりは増したのではないかと考えております。

しかし、金融政策での効果は一時的なものであって、結局は実体経済が良くならないと

また逆戻りもしくは、以前より悪化してしまいます。

現状、金融政策ばかりが話題になっておりますが、財政戦略や成長戦略でどこまで実体経済が

良くなるかが、実は鍵なのです。

そのあたりをしっかり見極めたいと思います。


住宅ローン金利の基準となる指標は、下記にてチェックしてみてください!!

日銀HP 短期プライムレート推移(短期金利参考)↓
http://www.boj.or.jp/statistics/dl/loan/prime/prime.htm/

10年物国債 利回り推移(長期金利参考)↓
http://www.kokusai-am.co.jp/fncj004/mktInfoChart.do?type=2&symbol=JP10YT=XX



関連記事
スポンサーサイト
TAG :
住宅ローン金利
金利動向
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ