FC2ブログ

金利タイプ選択が難しくなってきそうな気配が!?

ここ最近、株高円安急速に進んでおります。

東京株式市場(大納会)の終値は、1万0395円18銭と、年初来高値で、

外国為替市場(28日午後5:00頃)は、1米ドル=86.30~86.35円

推移しております。


正直ここまでの急速な変化は、誰も予想していなかったのではないでしょうか?

安部政権がまだ何も結果を出していない状況下で、この勢いがどこまで続くのか疑問ですが、

住宅ローンの金利タイプ選択においては、判断がしづらい状況になってきました。

以前の記事でもお伝えしましたが、現在住宅ローンを組まれる方の

5割~6割の方変動金利タイプを選択されております。

短プラを基準とする変動金利タイプは、日銀の政策に左右されて金利が決まりますので、

インフレターゲット1~2%まで金融緩和を明言している以上、2~3年程度は安心。

さらに、現状の円高・株安も動きそうになかったことや業者の販売戦略などさまざまな要因で

そこまでの割合になっていたことが予想されます。


しかし、株高円安の流れがここまでの勢いを持ってくると、長期金利の上昇圧力

気になってきます。

2012年12月金利は、長期金利が実質金利で過去最低を記録し、

同一金融機関ではありませんが長期金利と短期金利の差が、

おおむね0.3~0.4%急接近しておりました。

ですので薦めるほうとしても、ライフプランニング上、長い目でみて許容範囲がある方には、

当初変動金利タイプで組んで、金利上昇状況をみながら、固定金利にスイッチすることも

視野に変動金利を薦めてきました。


1~2カ月は、長期金利が急激に上がることはないと思いますが、

それ以降は流れによっては、短期金利と長期金利の差が広がっていくかもしれません。

安部内閣の政策状況や日銀総裁人事が終わった来年5~6月頃には、

ある程度流れがつかめるかもしれませんが、それまではなかなか判断が難しくなりそうです。

10年物国債利回りも、0.8%程度まで上昇してきております。


ライフプランニング上等から、金利タイプが絞れる場合はあまり影響はありませんが、

短期も長期も視野に今まで検討できた方には、微妙になってきたように感じております。

今後の動向に気をつけていきたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト
TAG :
金利タイプ選択
長期金利動向
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ