FC2ブログ

地震保険料 値上げへ!! 

この4月(H.25)からの金融庁の標準利率改定に伴った生保各社の保険料改定の動き

自動車の自賠責保険の値上げ(平均13.5%)が決定されるなど、生保、損保とも

保険料の改定の動きが活発の中、さらなる保険料の値上げの情報が、

本日入ってきました。

それは、火災保険に付帯して加入する地震保険の保険料です。

報道によれば、政府と損害保険各社は、住宅向けの地震保険を、

平均15%程度アップする見通しです。

早ければ、2014年(来年)7月にも引き上げる検討に入ったことが

本日分かったとのこと。

今年3月中に、損保各社でつくる損害保険料率算出機構などが最終的な調整を進め、

新たな保険料を金融庁に届け出る予定にしているようです。

参照記事(Sankei Biz)はこちら↓
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130218/bse1302181111001-n1.htm

この保険料値上げは、東日本大震災を踏まえて、巨大地震発生のリスクが高まったと

判断したためです。

地震保険制度につきましては、以前の記事でも少し触れましたが、

昨年(2012年4月~同年11月)、財務省により、

地震保険制度に関するプロジェクトチーム(PT)」が設置され、議論されてきました。

2012年11月末にPTは終了となり、PTとして提言を取りまとめた

地震保険制度に関するプロジェクトチーム報告書」が公表されています。

詳細については、こちらをご覧ください↓

オールアバウト掲載記事(財務省・地震保険制度PT 報告書のポイント)
http://allabout.co.jp/gm/gc/406207/

オールアバウト掲載記事(財務省・地震保険制度PT 報告書のポイント その2)
http://allabout.co.jp/gm/gc/407265/

オールアバウト掲載記事(財務省・地震保険制度PT 報告書のポイント その3)
http://allabout.co.jp/gm/gc/408321/

今回の値上げ検討は、この報告を参考に行われている模様です。

今後の予定として、

 ・損保各社は南海トラフ地震の被害推計を再検証し、15年以降の追加値上げも検討
  (今回の値上げについては、南海トラフ地震の被害推計は考慮されていない模様)

 ・耐震性の高い建物の割引率は高める予定
  (上記PTによる報告書のなかにも記載されていた内容です)

なども挙げられているようですが、

保険料負担増で地震保険離れが起こる可能性も懸念されており、

安定的な制度維持の問題と保険料負担のバランスがかなり難しいのではないかと

思われます。

東日本大震災からまもなく2年が経とうとしており、いろんなデータが解析されて、

大方の予想通り、保険料については値上げとなる模様ですが、

まだまだ検討事項が多く残っている感じです。



関連記事
スポンサーサイト
TAG :
地震保険
地震保険料値上げ
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ