FC2ブログ

厚生年金の『長期加入者の特例』とは?

この4月から「改正高年齢者雇用安定法」が施行され、

企業は、希望する従業員を全て、「65歳まで雇用」しなければならなくなりました。


そんな折、知り合いの社会保険労務士さんからこんな話を聞きました。

最近の年金相談での質問が、少し変わってきたと。それは、

44年以上勤めたとき、受け取れる年金額はどうなるの?」

という風に「44年以上」というキーワードがつくようになったとのことです。

ピンときた方は、鋭いですね。そう、

厚生年金の「長期加入者の特例」が使えるようになる年数なのです。


長期加入者の特例(44年特例)』とは、

それが適用されれば、60歳〜64歳に支給される「特別支給の老齢厚生年金」

増額になるものです。

その長期加入者の特例を受けるための条件とは、

 ① 支給開始年齢に到達していること

 ② 厚生年金保険の被保険者でないこと

 ③ 厚生年金保険の被保険者期間が44年以上 

です。


60歳までの各学校卒業別厚生年金加入可能期間の最大は、

中卒44年、高卒41年、大卒37年です。

ですので、この特例の相談は、中学卒業後就職し、厚生年金に加入してきた人からが

ほとんどでした。

しかし、今回の「改正高年齢者雇用安定法」の施行により、

高卒者で60歳以上も希望して働く方にも関わってくることになりますので、

相談が急増したものとわかります。


また、御存知の方もみえるかもしれませんが、

②の条件を満たすのに、完全に辞めなければいけないとか、働いてはいけない、と

いうわけではありません。

要は、“みなし退職”といって、退職後働いていても、厚生年金に加入していなければ

退職とみなされます。


関わってくる方は、これらのことを踏まえ、具体的に金額的な比較もしたうえで、

セカンドライフをどうされるのかを考えてみてはどうでしょうか。

*金額的な細かい計算等は、社会保険労務士などの専門家にお尋ねください!!


参考HP(オールアバウト)はこちら↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/13482/



関連記事
スポンサーサイト
TAG :
長期加入者の特例
厚生年金額増加
定年延長
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ