FC2ブログ

更新型の生命保険加入者等は、30歳代のうちに内容チェックを!!

弊FP事務所に生命保険診断をご依頼される方のなかでは、

特に大きな病気をすることもなく40歳を過ぎた頃、契約中の生命保険会社から

更新の案内が来て、更新後の保険料の高さにびっくりし、

「こんな保険料じゃ、とても払えない・・・」ということで、「何とかしてほしい」と

相談に来られる方が少なくありません。


これは、生命保険に最初に加入した際にそもそも問題があったのです。

販売する側はもちろんのこと、加入者の側にもその一端はあると言わざるを得ません。


販売する側は、目先の利益ばかりを追求した設計にして持ってきていることが、

生命保険診断で多くみられます。

例えば、終身(貯蓄)部分はほとんどなく、更新型の定期(掛け捨て)部分ばかりで、

必要以上の保障額だったり、無駄な特約がセットされていたりします。

この傾向は、日本の大手生命保険会社のパッケージ商品に多くみられます。


最近、「契約内容の確認」と称して、1年に1回位の頻度で加入者を訪問していると

アフターフォローを強調しているようですが、内情はただ単に販売機会を設けているに

すぎず、
あまり意味を成していないようです。

また、FP(ファイナンシャルプランナー)の養成にも力を入れているとする会社もあるようですが、

結局、販売員に過ぎず、会社の方針に沿ったもしくは、自分の利益になる設計しか

持ってこれていないよう
です。
(これは、あくまで弊FP事務所で生命保険診断をした結果の見解です)


加入者の側も面倒なことを避け、目先の保険料にとらわれてしまい、

一生涯に払い込む保険料も把握せずに加入されてしまってみえます。

これでは、いいカモにされてしまいます。

面倒なこととは、御自身や御家族の将来の見通しを考えたり、社会保険の知識や

生命保険の基礎知識を身につける労力のことです。


最近のCMで、保険加入を相談する夫にうっとりしている妻という構図のCMがありますが、

間違ってはいけません。加入相談することがいいのではありません。

真剣に自分達の将来を考えること、そのために付随する知識を身につけることが大切

なのです。

これは、誰かが代わりにできるものではありません。
(FPはあくまで、援助するだけなのです)


これまで、目先のことだけにとらわれてしまい、こういったことに向かい合ったことの

ない方などは一度、真剣に取り組んでみてはどうでしょうか。

頭の中だけであれこれ考えてもなかなかうまくいかないと思います。

独立系FPなどの援助を受けながら、御自身で調べたりと具体的に行動してみましょう。

それには、ある程度状況が落ち着き、健康状況もそれほど悪くない30歳代のうちが

最も適しているでしょう。

そうすると、おのずと現在の生命保険の加入内容チェックもすることになると

思いますよ・・・。



関連記事
スポンサーサイト



TAG :
生命保険加入内容チェック
生命保険診断
更新型保険の落とし穴
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ