FC2ブログ

個人の「賠償責任」の考え方が問われています!!

二日前に個人の「賠償責任」に関する最高裁判決が出たことは、

ニュースで何度も流れておりましたので、ご存知だと思います。


今から11年前の事件ですが、

学校の校庭でサッカーをしていた小学6年生の男児(当時11歳)が蹴ったボールが道路に

飛び出し、それをよけようとした男性(80代)が転倒して、約1年半後に亡くなりました。

その男性の遺族が、少年の両親に対して損害賠償を求めた裁判です。

2審の高裁判決では、両親に監督義務違反があったとして賠償を命じられたのですが、

今回の最高裁判決では、逆転判決となり遺族側の請求を棄却する判決で確定しました。


あと、記憶に新しいのが約2年前の神戸地裁での判決です。

こちらは約7年前の事件ですが、当時小学校5年生だった少年が乗った自転車と歩行者との

衝突事故をめぐる損害賠償訴訟です。

判決は、監督義務を果たしていないとして、母親に計約9500万円の賠償を

命じられました。


どちらも親の監督義務が問題となった事件ですが、内容や状況等の違いにより、

明暗を分ける結果となりました。


これらをみていますと、個人の「賠償責任」というものが、

以前のような、おおらかなものでは無くなっているように感じます。

その賠償額は「億単位」に迫るものですので、起こした少年もその家族も

人生が変わってしまいます。
(もちろん、精神的な影響も多大ですが)

事故が起こる確率は別にして、今回のような状況は、子供さんを持つ親御さんなら

日常茶飯事の状況です。

自己防衛手段をどうしておくかが問われるでしょう。


真っ先に思い浮かぶのは、個人賠償責任保険や日常生活賠償責任保険と

いう損保商品です。
(最近、取り沙汰される自転車保険もこの類です)

個人の「賠償責任」の考え方が変わってきている現状、

子供さんを持つ親御さんには必須になるかもしれません。

保険だけですべてが解決できるわけではありませんが、

経済的なリスクを回避する手段にはなるでしょう。

現在、個人賠償責任保険や日常生活賠償責任保険は単体での販売は、

ほぼ、しておりません。任意の自動車保険の特約が一番有利でしょう。

チェックされてはどうでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト



TAG :
賠償責任
監督義務
監督責任
判決
プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ