FC2ブログ

損害保険会社の収益力を示す『コンバインド・レシオ』とは?

大手損害保険会社3グループの2012年度4-9月期決算が公表されました。(11/19付)

3大損保グループのうち、

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、NKSJホールディングスの2社

連結最終赤字を計上。

最大の原因は、株価下落に伴い多額の有価証券評価損を計上したためとのこと。

保有株評価損の影響が比較的少なく、業績が堅調な東京海上ホールディングスだけが

黒字となり、明暗を分けることとなりました。

注)ただし、損害保険会社各社の減損基準は一般よりも厳しい基準。
  また、経営統合により保有株式の取得価額が上がっているため、
  評価損が発生しやすい状況です。



詳しくは、東洋経済オンライン記事参照↓
http://toyokeizai.net/articles/-/11863

しかしながら、期間損益の赤字、黒字だけをみて損害保険会社の経営状況をつかむことは

困難であると思われます。

そこで今回は、損害保険会社の収益力をみる指標の一つである

『コンバインド・レシオ』をご紹介します。

『コンバインド・レシオ』とは、

保険料収入に占める保険金支払いの割合を表す損害率と、

保険料収入に占める経費の割合を表す事業費率を足したもの。

100%を超えると収益力がマイナスになっていることを示します。

少し古いデータですが、損害保険各社のコンバインド・レシオの推移は下記のように

なっております。

週刊ダイヤモンド 記事参照↓
http://diamond.jp/articles/-/13953?page=4

このように、ここ最近は大手損保5社すべてが100%を超え赤字状態でした。

自動車保険の損害率の上昇、自然災害等の頻度上昇や大型化などのうえ、

業界の環境変化として、

保険の自由化⇒価格競争の激化⇒商品の複雑化⇒未払い・不払いの発生⇒事業費率のアップ

というものがあったようです。


現在、損害保険各社は収益力改善に向けて、いろんな施策を実行中ですが、

少し改善はみられるもののまだ、道なかばという状況です。


今後、損害保険会社選定にあたって経営内容把握のため、こういった指標も見られては

いかがでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト
TAG :
コンバインドレシオ
損害率
事業費率

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ