FC2ブログ

国民年金 ただの未納と免除では大違い!!

「2011年国民年金被保険者実態調査」の結果、

第1号被保険者1,737万1,000人の保険料納付状況を調べたところ、

1号期間滞納者(過去2年間まったく納めていない未納者)は455万 1,000人(26.2%)で、

過去最多であったことが昨年末に発表がありました。

このように、国民年金保険料の未納率の高さが叫ばれて久しいですが、

今回は、ただの未納免除では大違いであることを

お話したいと思います。

日経新聞HPで下記の記事をみつけました。

日経新聞HP (国民年金、40年全額不払いでも年27万円もらえる)はこちら↓
http://www.nikkei.com/money/household/nenkin.aspx?g=DGXNMSFK0101R_01022013000000&df=1

記事によれば、記事の設定条件で、

もしも経済的な理由から40年間国民年金保険料の全額免除が認められた場合、

試算によると、年額27万2千円の老齢基礎年金を受け取ることができるとのこと

これは、国民年金保険料の一部を国が負担しているため、全額免除申請をして、

年金の受給資格さえ満たせば、その恩恵に預かれることを示しております。

ただの未納と免除では大違いなのです。

ですので、経済的に厳しくて保険料が払えなかったとしても、

ただの未納にはせずに、必ず免除申請をおこなってください!!

免除申請には、記事にもあるとおり(上記記事内記述抜粋)、

 ■全額免除

  前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること

     (扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

 ■4分の3免除

  前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること

      78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

 ■半額免除

  前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること

      118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

 ■4分の1免除

  前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること

      158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等


とさらに、若年者や学生には別の制度まで用意されています。

制度をしっかり活用できる、できないでは結果が大きく変わってしまいます。

国民年金制度に対して、一部の情報のみで、やみくもに不信感を抱くのではなく、

しっかり理解して判断してください。

最後に言っておきますが、国民年金保険料納付は、国民の義務ですから・・・。



関連記事
スポンサーサイト



TAG :
国民年金
免除制度
保険料未納

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ