FC2ブログ

住宅ローン金利を実質金利的に考えることも・・・。

一般的に「実質金利」といえば、

  実質金利 = 名目金利 ― インフレ率

  実質金利 =(1+名目金利)/(1+インフレ率)- 1

などであらわされる表面上の金利にインフレ率を加味した金利のことです。


具体的には、銀行金利が1%だとして、その時のインフレ率がマイナス2%であれば、

  実質金利 = 1% -(-2%)= 3%

となり、名目金利が低くても、デフレ時は、実質金利のほうが高くなります


実際、わが国の実質金利は、近年、主要国に比べ高く推移してきました。(下図参照)

内閣府公表資料(主要国の実質金利の推移)
jissitukinnri.gif
(クリックで拡大します)


こうみてみると、為替において、円高であったのも頷けますが、

今回お話したいのは、住宅ローン金利についても、この実質金利的な考え方を

してみてはという案内です。


ネットなどでは、住宅ローンの実質金利といえば、諸経費(コスト)を考慮にいれて

考えることのようにいわれていますが、私はもう少し発展させて、

実質住宅ローン金利

(諸経費を考慮に入れた住宅ローン金利)-(インフレ率)―(賃金上昇率-インフレ率)


とされてはどうかと考えます。


こう考えれば、団塊の世代の方たちの住宅ローン金利が5~6%であった時代でも

それほどきつくなかったことが理解できます。

また、1991年当時変動金利は、8.5%まで上昇しておりましたが、インフレ率3.3%、

賃金上昇率-インフレ率も1.5%程度であったと思われます。

そうすると、実質住宅ローン金利は3%台であったと推測されます


現在、史上最低水準といわれている住宅ローン金利ですが、この考え方をすると、

完全固定金利型なら、3%前後にはなるのではないでしょうか。


賃金上昇率を考慮することにより、ライフステージの差や個々の状況をより反映できる

のではないかと思います。


注意点としては、ストックではなく、フローとしての数値を使ってください!!




関連記事
スポンサーサイト
TAG :
住宅ローン金利
実質金利

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ