FC2ブログ

遺産分割の対象となる財産とならない財産!!

相続税対策などの相談に乗っていますと、

遺産分割の対象となる財産

相続税法上の遺産の範囲とを

混同されてみえると感じることがあります。

民法上税法上の扱いは違うということをまずは、覚えておいてください。


今回はまず、遺産分割の対象となる財産とならない財産についてお話したいと思います。


民法で、相続の一般的効力として

「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を継承する

 但し、被相続人の一身に専属したものは、この限りではない」(民法896条)と

されています。

「一切の権利義務を継承する」とは、

現金などのプラスの財産はもちろん、借金などのマイナスの財産も相続するということなので、

遺産相続は、得をするばかりではないということです。


では、本題の遺産分割の対象となる財産とは、何かといいますと、

被相続人の財産のうち、遺産分割の対象とならない財産以外のもの

考えたほうが早いでしょう。

遺産分割の対象とならない財産は、但し書きのとおり、

被相続人の一身に専属したものと、当たり前ですが、被相続人の財産とされないものです。

具体的には、

(被相続人の一身に専属したもの)

 ・雇用契約上の労働債務
 ・扶養の権利義務
 ・身元保証債務
 ・信用保証債務

など。

  注)一身専属とは、その人だけが権利を享受し義務を履行し得るという性質のもの

(被相続人の財産とされないもの)

 ・死亡退職金・・・受給権者固有の権利
         (受給権者取り決めがない場合、遺産分割対象となります)
 ・遺族給付金・・・受給権者固有の権利
 ・生命保険金請求権・・・保険金受取人固有の権利
 ・位牌、墓石等の祭祀財産
       ・・・慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継するとされます
 ・香典・・・喪主に対する贈与と解釈されます
 ・遺骨・・・祭祀を主宰すべき人に帰属するとされます

など。

これら以外のプラスの財産・マイナスの財産は遺産分割の対象になると考えれば

いいのではないでしょうか。
(迷ったときは、一身専属性があるかどうか、被相続人の財産となるかどうかを
 考えてみてください)



生命保険で遺産分割対策をおこなうのには、ここにひとつの理由があるのです。



関連記事
スポンサーサイト
TAG :
遺産分割対象財産
一身専属
固有の権利

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ