FC2ブログ

平成25年第1四半期(H25.1.1~H25.4.1)地価LOOKレポート公表!!

2013年5月29日に国交省から、

平成25年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告(地価LOOKレポート)が

公表されました。

その地価LOOKレポートによれば、

平成25 年第1四半期(1/1~4/1)の主要都市・高度利用地150 地区における地価動向は、

上昇が80地区(前回51)、横ばいが51地区(前回74)、下落が19 地区(前回25)

なりました。

上昇地区が全体の 約53% (前回34%) を占めました。

前回から、さらに上昇を示す地区が増加、上昇地区が過半数を超え最多の変動率区分となった。

現行調査が始まった2008年10月以降、初めて半数を超えました。

特に、大都市圏での回復基調が顕著のようです。


住宅系地区全体では、

全44地区のうち、下落は3地区、横ばいが15地区、上昇が26地区となっており、

地価の回復基調が、景気の動きに敏感な商業系地区だけにとどまらず、

住宅系地区にも広がっていることがわかります。


名古屋圏に絞ってみてみると、

全14地区のうち、下落はゼロ、横ばいが7地区、上昇が7地区となっています。

東京圏、大阪圏と比べれば、回復基調は弱いものの、回復傾向であることは

間違いありません。

詳しくは、こちら↓
国交省 主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート
http://tochi.mlit.go.jp/secondpage/8054

平成25年第1四半期 総合評価 上昇・横ばい・下落の地区数一覧PDF
http://tochi.mlit.go.jp/wp-content/uploads/2013/05/f671437462ec18edda73357ff0c9516d2.pdf


こうしてみてみると、アベノミクス(特に、異次元の金融緩和策)の効果は、

金融・株式市場不動産市場には、顕著に出てきています。
(これらの市場への影響は、お金が余ったときのセオリーですが)

しかし、企業の資金需要消費者物価には、まだ及んでいないといえるでしょう。
(これらに表れるにはタイムラグがあるので仕方ありませんが...)

今後、こららにも影響があるのかも注力してみていきたいと思います。

こちらにも顕著に表れるようになると、アベノミクスも本物だといえるでしょう。



関連記事
スポンサーサイト
TAG :
地価LOOKレポート
地価動向
不動産市場

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ