FC2ブログ

地震保険の必要性

東日本大震災からはや1年4ヶ月が過ぎようとしています。

産業がすこしづつ復興へ歩みはじめたニュースは見かけますが、個人の生活はどうでしょうか?
なかなか進んでいないように感じるのはわたしだけでしょうか?


今回は、地震保険の必要性についてお話したいと思います。

現在の日本が地震の活動期にあるということは、研究者の間ではすでに常識であり、
こうしたなか私たちは、自分たちの身を守るために、可能な限りの準備をすることが求められて
います。

しかしながら、地震による被害は、予測をはるかに超えた深刻な事態になってしまうことがあります。
とくに深刻な事態に陥りがちなのは、住宅ローン返済中の世帯です。地震によって住む家を失っても、
住宅ローンの返済はなくなりません。
それでも住まいがなければ、新たな住まいを確保するための出費も必要になります。

大きな震災後、国や地方公共団体などは被災者をささえる特例措置を出しますが、
自宅を失ったことについての支援は限られており、修繕や再建は自己責任が原則となります。

公的支援は極めて限定的で、ほぼ唯一の制度である「被災者生活再建支援制度」でも、
住宅全壊世帯の支援金は最大300万円、大規模半壊では最大250万円、
半壊以下に支援金はありません。

そんなときはやはり地震保険が役に立ちます。

地震被害に備えるほぼ唯一の選択肢が「地震保険」なのです。

地震保険はもともと自宅(建物)を再建できるだけの補償機能はありません。
火災保険金額の30~50%がもともと限度額なのですから。

しかしながら、二重ローン問題に陥らないためや生活再建支援には有効に働くと考えます。

全額自己資金で自宅を建てられた方や預貯金等がローン残高を大幅に超えてみえる方には
必要性は強調しませんが、そんな方はまれではないかと考えます。

地震被害に耐えられるだけの強固な家計は現状をみればないに等しいのではないでしょうか。

地震保険は最も保険本来の機能に特化した保険だと思われます。


損得で考えれば、損になる確率が高い保険だと私も思いますが、有難さの度合いも最も高い
のではないかとも考えます。

今回の震災は、そのことが強烈に実感できるものだっだと思います。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ