FC2ブログ

フラット35の融資上限が撤廃へ!!

2013.8.10 国土交通省は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が提供する

長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」について、

現在、物件額の九割までとしている融資の上限(融資率)引き上げる方針

固め、来年度予算の概算要求に必要額を盛り込む模様です。


この融資上限が10割に引き上げられれば、

住宅ローン利用者が用意するのは諸費用だけということになります。


フラット35の融資率は、2009.6月に世界的な不況を受けた経済対策の一環

2012.3月までの時限措置として9割から10割に引き上げていた経緯があります。

今回の狙いはもちろん、消費増率アップによる需要減に対する対応です。

これが決まれば、住宅ローン減税の拡充、すまい給付金制度の導入とあわせて、

3重の対応策ということになります。


注意点としては、

利用者にとって、いくら使いやすくなるとはいえ、

『借金をする』ということに変わりはありません。

カードローンにも同じことが起こっておりますが、使いやすくなった分、

返済不能者を増やしてしまうというリスクがあります。

元々、フラット35は審査が緩く、他の金融機関で審査が通らなかった条件の悪い方が

集まりやすい傾向にあるのに、さらに条件を撤廃するわけですから

余計にリスクがあがります。


借り手の審査の厳格化や貸し倒れが起きにくくするような対策も検討するようですが、

なんといっても、借り手のモラルや認識のほうが重要です。

「頭金を貯める」ということで、そのモラルや認識が形成されるという効果が

多少あるわけ
ですが、それを省くのですから利用の際は、

十分に、そのことを理解して利用するようにしてください!!




関連記事
スポンサーサイト



TAG :
フラット35
融資上限撤廃

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ