FC2ブログ

実は大増税!?見落としがちな譲渡所得税!!

2011年分の国税庁の統計によると、相続財産のうち土地等が占める割合

なんと46%高い結果になっています。


そんな我が国の相続事情下、税制改正で見落としがちな大増税が予定されています。

2015年1/1以降発生の相続から相続税が増税になることは、このブログでもたびたび

お話しておりますが、実は、そのほかに相続に絡むことが多い税金で、

増税されるものがあるのです。

それは、土地等の売却に伴う譲渡所得税です。


税制改正大綱では、この ”土地等の特例が廃止” される見通しです。

 *相続財産を譲渡した場合の取得費の特例とは、詳しくは下記国税庁HP参照↓
   http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3267.htm


具体的にお話すると、相続税1億円を納税して土地等を含む財産を相続した場合で、

相続財産全体の46%を土地等が占めるケースでは、

これまでは、相続後3年以内に相続した土地等を 一ヵ所(相続財産の10%とする)でも

売ると、最大、土地等全体分の相続税4,600万円を必要経費に算入できましたが、

これが税制改正されると、

売却した土地等の分だけ(相続財産の10%)に相当する相続税である1,000万円しか

必要経費にならなくなります。


 *財務省HP 平成26年度税制改正大綱 該当箇所はこちら↓
  平成26年度税制改正の大綱(3/8)
  一個人所得課税 4租税特別措置等 (国 税)〔廃止・縮減等〕に記載
  http://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2014/26taikou_03.htm


先祖代々の土地を売却するときは、概ね取得費がわからない為、この譲渡所得税

必ずかかります。

相続税が増税になる上に、さらに所得税までも

増税となるのです。



もちろん、相続した土地等を売却されない方には影響はありませんが、

相続税増税後には、相続した土地等を売却される方の割合は現状よりも

増えるのではないでしょうか?

財産として、多くの土地等をお持ちの方にとっては、非常に不利なものであると

考えます。見落としがちですので要チェックです!!



関連記事
スポンサーサイト



TAG :
譲渡所得税
増税

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ