FC2ブログ

後悔する可能性の高い保険とは?

皆様は、万が一の備えとして民間の保険に加入することが多いと思います。

しかし、実際に加入した保険が本当にベストなのかどうかは、なかなかわかりづらい

もの
です。

保険金請求をしたことがない方にとっては、よりその傾向が強いのではないでしょうか。

結局、保険金や給付金を受け取る事態になって初めて、

御自身の認識と実際とのギャップがわかり、

ギャップの無かった方、もしくは少なかった方が「この保険で良かった」、

ギャップの多かった方が「この保険は悪かった」となるのではないでしょうか?


今回は、後悔する可能性の高い保険についてお話したいと思います。

つぎに挙げる保険に加入の場合にその可能性が高いと思われます。

  ① アカウント型や定期保険+医療特約

  ② 終身保険+多数の特約

  ③ 入院しないともらえない医療保険・ガン保険

  ④ 引き受け緩和型の高額な保険



①、②については、大手生命保険会社の主力商品が挙げられるでしょう。

終身部分やファンド部分の比率が非常に低く(掛け捨て部分が多い)

特約については10年や15年毎などに更新し、80歳まで継続して保険料を払い込まなければ

いけないような内容になっています。累計保険料は千万単位となることでしょう。

若い時に支払える保険料から逆算して提案されていることが多く、実情に合っていない。

更新時の保険料アップ額をみて気づき、後悔される方が非常に多くおみえになります。
(40代以降の相談者はこのパターンが非常に多く見受けられます)


③については、最近の医療事情の変化に対応できていないために起こっています。

入院期間の短期化・通院治療の増加が進み、入院日額のみの保障ではあまり給付金が

受け取れなくなっているのです。

特に、ガンに関してその傾向が顕著です。


④については、加入のしやすさから安易に契約されてしまってみえますが、

保険料負担と保険金・給付金支払のバランスが元々良くありません。

保険の必要性をよく検討すべきでしょう。


以上、皆様、心当たりはありませんでしょうか?

何にせよ、後悔される方の最大の原因は、

入口である加入時によく内容を把握せず、勧められるまま安易に契約してしまっていることや

当初の加入内容のままで、状況変化毎のチェックを怠っていることに

あるのではないでしょうか。



最近は、入口(加入窓口)ばかりが増えており、内容が伴っていないところが

非常に多くなってしまいました。

(目先の手数料ばかりを気にする提案が多い)

金融庁のほうも、いよいよその是正に動くようですが、まだまだ甘いと言わざるを得ません。

消費者側で身を守るよう、より注意を払いましょう!!




関連記事
スポンサーサイト



TAG :
保険加入
後悔する保険

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ