FC2ブログ

NISA(少額投資非課税制度)で実際に投資したのは4分の1!?

NISA(ニーサ)が始まって3か月半ほどが経過しました。

認知度も約7割と高まっているようですが、実態はどうなのでしょうか?

 NISA(ニーサ)とは、通称で正式には、少額投資非課税制度のこと。
  年100万円までの投資について、株式や投資信託から得られる譲渡益や配当が
  5年間にわたって非課税になる制度です。
  5年間の投資総額500万円(100万円x5年)までがこの非課税制度の対象となり、
  20歳以上の方であればだれでも非課税口座を開設できます。



ある報道によれば、

NISAへの流入額は、5,000億円で、口座開設者数は323万人とのことです。

しかし、実際に投資した人数は、77万人だそうです。

実態では、全体のわずか4分の1しか投資していないということです。

 *別の発表によると、
  国税庁が2014年1月1日現在の値として発表した、金融機関から国税庁への口座開設
  申請数(556万件、重複件数を除く)、NISA口座開設数(475万件)、及び1月中の
  申込ペースについて金融機関からヒアリングした情報を基にすると、
  NISA口座の開設を金融機関に申し込んだ人は、1月末時点で全国に約650万人いると
  推計。
  また、今回の調査をもとに今後のNISA口座の申込数を予測すると、2月から12月までに
  さらに215万人が申込み、2014年末には累計で865万件に達すると推計されるようです。


口座を開設したものの、運用していない理由の上位としては、

 1、投資するタイミングを見定めているから 33.3%

 2、特に急いて投資する必要がないと思っているから 29.2%

 3、投資したい商品の候補はある程度あるが、まだ何に投資するか迷っているから 20.2%

となっています。


始まって3か月半ほどのことで恐縮ですが、現時点では、

政府が目論んだ ” 貯蓄から投資へ ” の流れを促して経済の活性化をはかるには

まだまだのようです。


既に投資した人の中身をみてみると、

運用原資として「預貯金」をあげた人が最も多くて約6割に達し、

投資金額の平均は、59万3千円とのことです。

より一層の制度活性化には、

 ・若年層や投資未経験者を取り込む利用普及策

 ・複数口座開設を可能にするなどの制度変更

 ・制度の恒久化


などの課題があるようです。


個人的には、資産形成の優先順位として最上位にはこないものと考えておりますが、

今後の普及具合は、チェックしていきたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト



TAG :
NISA
少額投資非課税制度

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ