FC2ブログ

地震保険の総支払限度額とは?

地震災害は巨額の保険金支払いをもたらす可能性がありますので、

地震保険においては、保険責任の大半を日本政府が再保険により

引受けています。

(一民間会社で背負い切れる保険ではないということです)

このため、地震保険はどこの保険会社で加入(火災保険に付帯)されても、

構造(対象割引)、保険金額、期間が同じであれば、保険料は同額になります。
(誤弊があるかもしれませんが、強制加入の自賠責保険に似ています)


また地震保険には、「総支払限度額」というものがあります。

これは、1回の地震について支払われる保険金総額の上限のことです。
(日本政府といえども、無限に責任を負うことはできないのです)

案外、御存知ない方が多いのではないでしょうか?

万が一、この上限額を超えるような地震災害が発生した場合、

受け取れる保険金は、下記のように減額されます。


 受け取れる保険金

 = 支払われるべき保険金 x (総支払限度額支払われるべき保険金の総額

具体例ですと、

仮に、支払われるべき保険金が3,000万円、支払われるべき保険金の総額が8兆円、

総支払限度額が6兆円とします。計算すると、

 3,000万円 x(6兆円/8兆円)= 2,250万円

となります。

上限額を超えなければ、3,000万円受け取れたのですが、超えたために2,250万円に

減額となってしまうのです。


この総支払限度額が、この4月から引き上げられ

6兆2,000億円だったのが、7兆円になりました。
(2014年度政府予算の成立を受けて、4月1日に政省令が施行されました)


これは政府が、

今後の地震保険加入者の増加に備えるには、総支払限度額を引上げる必要があると

判断したためです。
(東日本大震災以降、地震保険加入者増が顕著でした)


この総支払限度額は適時見直しが行われており、

私が知っているだけでも既に、3~4回見直されております。

先手的に対応ができていますので、ほぼ安心なのではないでしょうか。




関連記事
スポンサーサイト
TAG :
地震保険
総支払限度額

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ