FC2ブログ

住宅ローン残債と団体信用生命保険の死亡保険金の相続税法上の取り扱いは?

今回のお話は、「相続」・「税金」 カテゴリにもなるものですが、

「住宅(不動産)」 カテゴリでお話したいと思います。


住宅ローンを金融機関で組まれる際、フラット35を除けば、ほぼ強制的に

団体信用生命保険に加入させられます。
(加入出来なければ、融資自体してもらえない)


団体信用生命保険は、皆様も御存知のとおり、

住宅ローンの返済途中で、本人が死亡・高度障害になった場合に、

本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残債を支払うという制度です。

これにより、遺された方々などに住宅ローン返済が残らないようにしているのです。


団体信用生命保険は、特殊な保険です。

原則、生命保険では

親族以外を受取人とする保険契約(第三者受取)を認めていないのですが、

団体信用生命保険については、

金融機関が保険金を直接受け取ることが認められているからです。


そうすると、ある疑問がでてきます。

住宅ローン残債団体信用生命保険の死亡保険金の相続税法上の取り扱いについては、

どうなるのかという疑問です。


結論としましては、通達・判例により、

住宅ローン残債については、相続税法上の債務控除の範囲には入らず、

団体信用生命保険の死亡保険金については、みなし相続財産とはなりません。

要は、相続税法上はプラスにもマイナスにもならないと

いうことです。


通達については、こちら↓ 国税庁HP(団体信用保険にかかる課税上の取扱いについて)
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/690526-2/01.htm


しかし、実際の手続きを想定しますと、残高証明書に融資残債は記載されていますし、

保険金の振込履歴は、もちろんありません。(金融機関が直接受け取るため)

また、登記事項証明書等にも団体信用生命保険に関する情報の記載はありませんので、

債務控除しても通ってしまうような気がするのですが・・・。

税務署は、団体信用生命保険の有り・無しをどのように見極めているのでしょうか?

気になるところです!!



関連記事
スポンサーサイト



TAG :
団体信用生命保険
住宅ローン残債
相続税法

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ