FC2ブログ

「 風災・雹災・雪災 」 による保険金請求時の注意点!!

ここ最近、関東圏などでの風災雹災による被害が目立っております。

今回は、火災保険での保険金請求時の注意点をお話したいと思います。


損害保険の約款上では、

「台風、強風、せん風、暴風、暴風雨等による被害を風災といい、

保険金支払いの対象となります」


となっています。

保険会社や商品によっては、約款上に局地的におきた竜巻や突風のことまで

明記がなされていない場合がありますが、解釈上は問題がなく、

ほとんどが保険金支払いの対象となることでしょう。


要するに、直接の原因が風であればいい、ということです。具体的には、

 ①風の力で直接被害を受けたか、②風で飛ばされた物の衝突で受けた被害か

です。


ですが、火災保険に加入されてみえても支払い対象とならない場合がありますので、

注意が必要です。それは、

 ・ そもそも自然災害を補償の対象としていない火災保険・火災共済などに加入
   (商品自体がそうなっていたり、そういったプランを選択したなど)

 ・ 以前の火災保険などに加入されてみえて、20万円以上の損害しか対象とならず、
   被害額が20万円未満だった

   (撤去費用や処分代などの費用は含まれないので気をつけてください)

 ・ 免責金額を設けており、被害額が免責金額以下

などの場合です。

風災を中心にお話しましたが、雹災の場合も考え方は同じです。


紛らわしいリスク区分として、「飛来・落下・衝突」や「破・汚損」というものが

ありますが、これらは風や雹を直接の原因としない不可抗力不注意などによる

これらの被害が該当します。

被害(結果)だけをみると該当するように考えがちですが、あくまでも原因が何に該当するか

ですので間違えないようにしましょう!!



関連記事
スポンサーサイト



TAG :
突風被害
雹被害
風災
雹災
火災保険

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ