FC2ブログ

住宅ローンにも 『 リスク細分型 』 が拡がる・・・!?

本日(2014.8.15)より、ソニー銀行が住宅ローンで、

「 自己資金が1割以上の方に対する金利優遇 」をスタートさせました。
(これまでにも似たような金利優遇は地銀などでもありましたが)

内容としましては、

新規のローン(借換えでなく)で、かつ自己資金1割以上の場合

 今までよりも金利が0.05%低金利になる 」

ということです。

詳細は、こちらで↓
ソニー銀行 住宅ローン
http://moneykit.net/visitor/hl/


では、対象者はどの位の割合になるのか調べてみますと、こんなランキングがありました。
 * 調査ではなく、ランキングとなっているのは、
   「HOME’S 住宅ローンシミュレーター」でユーザーが住宅ローンの試算をした際の
   データ(約375,000件)を元に集計、ランキングしたもので、
   同一ユーザーが複数回シミュレーションした場合もすべて算入してあり、又、
   あくまでもシミュレーション時のデータであり、購入時のデータとは異なることに留意してください。


データ集計期間は、2011年7月~2011年12月と約3年前のデータですが、

ランキングによれば、

半数の方が、自己資金1割以下となっておりますので、それをもとに考えれば、

今回の対象者の割合は約半数程度と思われます。
(けっこうな割合ではないでしょうか)

詳細なランキングはこちら↓
HOME'S 住まいと暮らしのランキング
http://www.homes.co.jp/kurashito/staff/ranking003/


これにより、ソニー銀行の変動金利においては、金利だけをみれば、

最安金利 0.539% となり、業界最安となります。

金利だけで住宅ローンを判断できない場合もありますが、

インパクトは大きいのではないでしょうか。


私の考えでは、0.6%以下の変動金利を実現できるのは経費が抑えられる

ネット銀行などの一部の銀行だけであると思います。

そのうえで、さらにこういった保険でいうところの 『 リスク細分型 』 のような住宅ローン

でてきたのは、金利競争自体の最終段階のあらわれでしょう。

今後、こういった動きはさらに拡がる可能性がありますので、

合わせて住宅ローン選択の複雑化がより進むでしょう。

一般の方が、より良い住宅ローンを判断するには既に困難な状況になってしまっています。

また、金融機関の方も、自社の住宅ローン以外には疎い方が多いものです。

ますます、住宅ローンの専門家の需要が高まることでしょう。



関連記事
スポンサーサイト



TAG :
住宅ローン
金利優遇

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ