FC2ブログ

景気後退!? 景気判断はIMFも内閣府も下方修正に・・・。

10/7、国際通貨基金(IMF)は、最新の世界経済見通しを発表しました。

それによると、2014年の日本の経済成長率を 0.9% と予測し、

2014年7月時点(1.6%)から0.7ポイント大幅に下方修正しました。

これは、2014年第2四半期(4~6月期)のGDPが予想以上に落ち込んだことが

理由のようです。


また10/10、内閣府は2014年9月の消費動向調査の結果を発表しました。それによると、

今後半年間における消費者の意識を示す消費者態度指数(一般世帯、季節調整値)は

前月比1.3ポイント低下39.9 となり、2カ月連続で悪化しました。

前年同月比では5.5ポイント低下です。

そのため、内閣府は、消費者心理の基調判断を

前月の「持ち直しのテンポが緩やかになっている」から

「足踏みがみられる」下方修正しました。


このようにIMFも内閣府も景気判断については、下方修正しました。

また、2014年10月の「ESPフォーキャスト調査」の結果でも、

景気転換点(山)はもう過ぎたかどうかとの質問に対し、、「いいえ」が30人だったとはいえ、

「はい」と答えた人が11人で、前月の4人から7人増加しました。

民間エコノミストらも判断を翻しつつあるようにも感じます。


これまで、「消費税再増税ありき」 で物事が進んできており、だましだましの景気判断

しているようにみえましたが、ここにきて各指標が明確に悪化を示したため、

景気判断を変えざるを得なくなってきているのでしょう。

そうすると、日銀だけが景気判断を変えないことが異様に感じます。


財政再建は、完全にデフレを脱却し、景気を良く(良いインフレに)してから行うのが

順序だと思うのですが、これでは、逆戻りしかねないのではないでしょうか?

世界経済見通し的にも弱含みの中、今度逆戻りしたら本当に致命傷になりかねません。

賢明な判断をして頂きたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト



TAG :
景気判断
下方修正

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ