FC2ブログ

住宅の免震装置の有効性?

阪神・淡路大震災以降、住宅業界は地震に対する対策が進み住宅の耐震化をはじめ、
免震や制震というものも登場しました。

今回は、その住宅の免震装置の有効性についてお話したいと思います。

免震装置のメカニズムは、

建物と地盤の間に免震装置を入れることによって建物の固有周期を長くして建物が受ける影響を
弱めるのが免震です。

一般的な免震装置は、「アイソレーター」と「ダンパー」で構成され、
「アイソレーター」は、周期の短いはげしい揺れを、長い周期の揺れに変える役割を持っています。
そして「ダンパー」は、ゆっくりした揺れに変わった建築物を、早く止めるためのエネルギー吸収装置
です。

アイソレータは建物の固有周期を長くする役割を持つと同時に、建物重量を支えます。
積層ゴム系のものとすべり系の2種類あります。
またアイソレータの中にはダンパー機能を兼ね備えているものもあります。
ダンパーは地震時の建物の揺れ幅を抑えるたり揺れを早く留める役割をする装置です。
ダンパーは建物の重量を支えることはありません。

免震装置にかかる費用はおおよそ200~300万円程度で決して安くはありません。

しかし、その有効性について疑問を投げかけている専門家が相当数おみえになります。

その理由として大きなものは、

地震波の種類によって、免震装置の効果がまったくないどころか、むしろ、揺れを増幅させてしまう
危険があるようです。

簡単に説明すると、

阪神・淡路大震災のような、断層のずれによって生じる地震(短周期振動地震)の場合は、
免震装置はその効果を発揮しますが、
近い将来起こるといわれている南海地震や東海地震のような地震プレートの跳ね上がりによって
生じる地震(長周期振動地震)の場合は、揺れが同調してしまい、増幅して
しまう危険
があるようです。

一部の大手住宅メーカーでは、想定以上の揺れによってゴムの伸びの許容範囲を超えてしまった
事例が出ています。
そのメーカーは、現在、免震装置の工事を請けていないという事実もあります。

このような情報以外にも、細かい問題がたくさんあるのが現実のようです。

免震装置は、まだまだ歴史が浅い仕組みですので、実際に地震を経験すると想定外のことが
起こってしまっているようです。

住宅の耐震・免震・制震を検討される際は、業者の売り文句ばかりを鵜呑みにせず、
御自身でその有効性について調べてみてください。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ