FC2ブログ

住宅の換気システムについて

次世代のエコ住宅といわれていた「スマートハウス」が急速に普及し始めています。

夏は涼しく、冬暖かい、という程よい温度に保たれている住まいというのが理想ですが、

これをエネルギーをあまり使わずに、その環境を実現するには「高気密高断熱」であることが
必要です。

つまり、せっかく冷やしたり温めたりした空気の熱が逃げないように、また、室温と違う外気の侵入を
防げるように建物の気密性と断熱性を高めておくことです。

いくら節電や省エネに関心が高まっているとはいえ、住まいである以上は、快適に過ごせるかどうかも
忘れてはいけません。

そこで問題となるのが、室内の空気環境です。

過去に省エネルギー性能を追求するあまり、室内の汚れた空気を新鮮な外気と入れ替える「換気」が
疎かになっていた点は否めません。

その結果、建材から発散する有害物質が室内に残り、シックハウス症候群などの問題を引き起こす
要因の一つになったのです。

仮に建材に有害物質がなくても、人間が生活していると、呼吸すれば二酸化炭素を出しますし、
調理などで燃焼器具を使えば空気が汚れたりします。こうした汚れを除去する必要があります。

2003年に建築基準法が改正され、有害物質を含む建材の使用規制と同時に、24時間機械換気が
義務付けられました。

法律で義務づけされた換気システムはつぎの3つです。

  ① 第1種換気・・・給気と排気の両方を機械で行う

  ② 第2種換気・・・給気だけを機械で行う

  ③ 第3種換気・・・排気だけを機械で行う

現在、もっとも普及しているのが第3種換気ですが、これだといくら建物の気密性を高めても、
換気のために給気口から室温と違う外気が入ってしまい、改めて冷やしたり温めたりしなければ
ならず、エネルギーのロスが生じます。

理想的なのは、給気の際に湿気をとったり、冷たい空気を温めたりする機能を持つ全熱交換
システムを付けた第1種換気といえます。

できれば給気側に、外気のゴミや花粉、大気汚染の原因となるNo2(二酸化窒素)などを除去してくれる
フィルターが付いていたほうが、なお良いでしょう。

こうすることによって、常に室内の空気をクリーンに保ちながら、省エネルギーも達成できる体制が
整います。

以前、住まいの換気の重要性についてはお話させていただきましたが、さらに快適な住まい心地にも
強く関係しています。

スマートハウスご検討の際も省エネや効率ばかりでなく、換気システムも忘れずにご検討ください!!



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ