FC2ブログ

こんなに多い住宅内でのヒートショック死

皆様、「ヒートショック」というものをご存知でしょうか?

ヒートショック」とは、急激な温度変化が体に及ぼす影響のことで、

室温の変化によって血圧が急激に上昇したり下降したり、脈拍が早くなったりする状態のことを

いいます。これを原因とする死亡のことを「ヒートショック死」といいます。


では、家庭内でヒートショックにより亡くなる方がどれだけいるでしょうか?

東京ガス都市生活研究所の推計によると、全国で毎年14,000人程だそうです。

実に交通事故死者の約3倍にもなります。

ヒートショックによる死亡者がこんなに多いのは、日本に特有な現象で日本人が浴槽につかる
入浴法を好んでいることと、浴室等の室温が低いことが大きな原因だそうです。

また、特に温度差の激しい冬場に多く起きています。冬場はリビングは暖房されて暖かくても、
一歩、廊下に出れば、ほとんど暖房されていない状態です。

脱衣室や浴室は、さらに寒く、そこで脱衣して入浴することは、お年寄りにとってはあまりにも
負担が大きすぎます。

入浴以外にも冬場のトイレなどでも多く起こっており、住宅内では浴室・洗面・トイレというのが、

ヒートショックを起こしやすい場所になります。

ヒートショック対策として最も有効な手段が、住宅の高断熱高気密化です。

ヒートショックの原因は、住宅内の温度差ですので住宅内の各所の温度差が少なくなるような
家作りが求められます。

高断熱高気密の住宅は、いろんな調査からもわかるとおり、住宅内の温度差が低くて、そのわりに
冷暖房費も安く済みます。

また日本の住宅では、ヨーロッパ等に比べて浴室の暖房設備の設置率が特に低いうえ、

間取り的にも浴室・洗面・トイレは北側にくることが多く、陽が当たらず温度が上がりにくい状態です。


このようにヒートショック対策としては、

住宅の高断熱高気密化、浴室や洗面、トイレへの暖房設備設置が有効な対策です。


住宅の新築・リフォームの際はぜひ、このあたりも考慮に入れてご検討ください!!

最後に今回は、ヒートショックを一番起こしやすい状況ということで冬場の入浴やトイレを例に
挙げさせていただきましたが、夏場にも起こり得ることもお忘れなく!!





関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ