FC2ブログ

共同相続人のひとりを受取人に指定した生命保険金は特別受益にあたるのか?

遺産分割協議の際にたまに問題となるケースをご紹介します。

被相続人が保険会社や郵便局との間で保険契約を結び、被保険者を被相続人とし、

保険金の受取人を共同相続人のうちの一人と指定することがあります。

この生命保険金の扱いが問題となることがあります。


この場合通常は、被保険者が亡くなったら、受取人はその相続人固有の権利として

保険金請求権を有し、この生命保険金は被相続人の遺産ではなく受取人固有の財産であると

考えられます。


しかしながら、共同相続人のなかには、そのことを不満に思い特別受益を訴える方がおみえに

なる場合があります。

では、生命保険金は特別受益にあたるのでしょうか?

生命保険金は、被相続人が保険料を支払い、その死亡によって受取人に保険金が支払われる

ことから、贈与ないし遺贈に準じて特別受益に該当するとの学説が有力に

ありました。


また、家庭裁判所の審判例においても特別受益性を認めるものと

これを否定する例がそれぞれありました。

しかし、最高裁判所の平成16年10月29日決定は次のとおり判示して、

生命保険金は原則的には特別受益に該当しないと判断されました。


まとめますと、生命保険金といっても、その額や遺産に占める割合、被相続人への

貢献度などはまちまちです。


原則は特別受益にあたらないと考えられますが、その生命保険金の額や遺産に占める割合、

被相続人への貢献度などを総合的に考慮する必要があり、場合によってはそれが特別受益に準じて

取り扱うこともでてくると考えられます。


被相続人の方にしてみれば、悪気はないのでしょうが、こういったことものちのち ”争続 ”の

もとになる場合やそうならなくとも遺族間の関係悪化につながる場合があります。


*相続がご心配な方は、そうならない配慮をしてあげてください!!




関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ