FC2ブログ

3大支出(住宅・教育・老後資金)準備の考え方

人生の3大支出といわれるのが、

 「住宅資金」「教育資金」「老後資金」です。

たまに若い方に「結婚資金」をいわれる方がおみえになりますが、「結婚資金」は3大支出には

なりません。(余談ですが・・・)

最近では、この3大支出準備の考え方が変わってきている様に感じております。

今回はその話をしたいと思います。


これまでですと「それぞれの資金準備のめどがついてから次の資金準備をする」という考え方でも

間に合いました。ですので、

 ① 住宅資金(教育資金)② 教育資金(住宅資金)③ 老後資金 

の順番(①と②はケース次第で逆)で準備されてみえたかと思います。

しかしながらライフプランニング等をおこなっていますと、最近ではこの考え方が

当てはまらない方が多数おみえになります。

その理由として挙げられるのが、つぎのようなことです。

 ・晩婚化により3つの貯める時期が重なってきたこと

 ・リタイア後の期間の長期化により準備すべき老後資金が増えたこと

 ・小中学校の私立偏重思考等により教育費の早期化や増加

 ・景気低迷による収入の減少及び不安定化
                                        など

これからは考え方を改めてつぎのように考える必要があるのではないでしょうか?

 ① 住宅資金と教育資金は早期から同時に貯め始めること

 ② 老後資金準備は、40代からはじめ、少額からでも長期間かけて貯めること


このようにお話すると、2つ3つの資金準備が重なり、やっていくのが無理ではないかと

考える方がおみえになるかと思います。

そう思われるのは当然です。もともと2つ3つ重なって準備できない状態になる方は、

いずれどこかで準備不足が露呈してしまう方なのです。
(おもに老後資金準備にしわ寄せがくるケースが多いのではないでしょうか。)


後になって気付くより、早めに気付けたほうが対処の仕様がありますので、まだましです。

その場合は、

 ・住宅計画自体の見直し(資金計画・規模・場所 等)

 ・子供の教育に対する計画の見直し(どこまで親が面倒をみるのか・育英会の活用 等)

 ・配偶者の方の就労等の検討(パート・正社員等の選択 等)

 ・親や祖父母等からの贈与や相続への期待(どこまで期待できるのか)

                                         など

こういったことを総合的に勘案して、どの資金も準備不足が発生しないような計画が必要です。

就職してすぐにシングル(独身)でも将来を想定して準備してきている方は別ですが、

なかなかそうはいかないのが現実です。


一度、ライフプランニング等をされてみて、御自身はどうなのかを把握されてみては
いかがでしょうか。




関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ