FC2ブログ

2017年10月以降 フラット機構団信 VS 収入保障保険

2017年10月からフラット機構団信がリニューアルされたことは

以前に「マネーの達人」内記事でお伝えしました。

「マネーの達人」内の過去記事はこちら↓
https://manetatsu.com/2017/06/95880/


リニューアルに伴いまして、収入保障保険で代用したほうが

保険料的に有利である基準が大きく変わりました。
注)全く同じ土俵での比較ではありませんので、考え方の相違は多少あるでしょう

今回はその目安をお話したいと思います。


(比較条件)

 フラット35 機構団信付 】 
  借入金額は3,000万円、30年の元利均等月々返済のみ、
  融資金利は2017年11月現在金利1.09%(融資率9割以下)
  団信上乗せ分0.28%(つまりは、1.09+0.28=1.37%)
  月々返済 101,675円(総返済額 36,603,001円)

 フラット35】+収入保障保険(月10万円給付)
  上記同条件 融資金利(1.09+0.08=1.17%) 月々返済 98,852円
                            (総返済額 35,586,845円)
  収入保障保険(非喫煙料率) 月々保険料 2,600円程度 払込累計保険料  936,000円)
  収入保障保険(標準体料率) 月々保険料 3,200円程度 払込累計保険料 1,152,000円)


上記を比較しますと、

 30歳前半迄、非喫煙料率で収入保障保険に加入することが出来る方以外は、
 概ね、フラット35を団信付で借りたほうが有利であることがわかります。



もちろん各、年齢・性別、借入条件、保険会社毎の保険料等の違いにより判断が

変わる可能性はありますので、実際には具体的に比較検討しなければいけませんが、

ひとつの目安にはなります。 ご参考まで。<(_ _)>

     
関連記事
スポンサーサイト



TAG :
フラット35
新機構団信
収入保障保険

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

リップラボ

Author:リップラボ
愛知県、岐阜県を中心に
営業しております独立系FPの
小木曽浩司です。
保険・住宅(不動産)・
住宅ローンなど、ひとつの窓口
でトータルにお世話させて
頂いております。

岐阜県各務原市東山3-31
TEL 058-372-9181

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
天気予報
中部電力 電力使用状況
最新のニュース
女性のための日常検索ツール
BMIチェッカー健康君
病院・病気・お薬 検索
InBook本棚
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログランキング参加中
クリックをお願いします!!



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村
QRコード
QR
政策金利
FXと為替情報なら
住宅関連金利
住宅ローンシミュレーター
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の一戸建て 物件一覧
住宅ローン借り換え計算機
by 無料ブログパーツ
[PR]杉並区の不動産
米ドル/円 レンジ予想
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
株検索窓
FXマーケット情報
マネックスFX
保険格付けランキング
Powered by 保険格付け
このページのトップへ